毎月生活費が足りない

パートをやめた出費が重なり毎月生活費が足りない!

妊娠出産で、退職したり、今までしていたパートの時間が少なくなったりして、世帯収入が減ってしまい、生活がカツカツになる人が多いです。

 

収入が減っている時に、更に追い打ちをかけるように、親戚や友人の結婚式などが重なったりすると、ご祝儀貧乏になってしまいますよね。

 

収入よりも支出の方が多くなってしまい貯金が減ってしまうととても生活が苦しくなっていきます。

 

今回はパートをやめ、生活が苦しい方の体験談をご紹介します。

 

 

妊娠出産でパートを休みがちに貯金を切り崩していく生活

 

2人目妊娠出産後、パートを休むようになり、今まで旦那と合わせた収入でやりくりしていたが、旦那の給料だけになり貯金を崩すしかなく保険料や税金など支払いがたくさんありカツカツな生活でした。そんな時に親戚の結婚式や友人の結婚式が重なり、ご祝儀を払うのにどんどん貯金も減っていきました。子供が増えたことにより学資保険などの支払いも増え小さいうちはオムツやミルクなどの消費量も多かったので旦那のみの収入では苦しかったです。

 

学生のうちからコツコツ貯金を貯め無駄な物は買わないようにしていればよかったです。

 

 

生活が苦しいため外食は控える、携帯電話を格安SIMに変えました

 

なるべく外食は控え家で食べるようし、冷蔵庫の中にあるものでできる料理を考え無駄なものは買わないようにしていました。携帯電話を格安SIMに変え半分の額に抑えることができました。電気はつけっぱなしにしない水道は出しっぱなしにしない、というような無駄に繋がるような方は極力気を付けて少しでも節約できるように工夫しました。洋服などもフリマアプリなどでいらなくなったものを売り新たに新品でも安いものを探し買っています。

 

22歳女性 パート主婦

 

 

共働きのときの収入であれば、やりくりできていた時も、自分の収入分がなくなると途端に生活がギリギリになってしまいます。

 

子供が生まれたら学資保険や教育費の事など支払いも増えますし、紙おむつ代やミルクの出費なども馬鹿になりません。

 

でも、子供を預けられないため、働くことは出来ず、冠婚葬祭などの出費などでも貯金が減っていきます。

 

児童手当などでは到底間に合わない出費です。

 

子供が大きくなるまでは、働きたくないというママも多いです。

 

page top